漬け物・冷凍野菜工場紹介

グリンリーフの加工場はISO22000,FSSC22000と有機JASの認証を取得しております。

漬け物ライン

温度管理で発酵をコントロール

漬け物ラインでは、洗浄に5槽の洗い桶を使い、地下水と殺菌効果のあるオゾン水を使用して洗浄に注力しています。熟成室は1℃設定、漬け込み温度の管理ができるようになっているのも特長です。設備環境は近代化されていますが、天地返しなど人の手を掛ける工程を重視し、発酵環境に細やかに配慮。また調味液には、塩は沖縄の手作り塩、砂糖は北海道の甜菜、醤油は木樽熟成のものを使うほか、3年熟成のみりん、日高昆布に利尻昆布などが美味しい漬け物作りを支えています。

加工品目 漬け物(白菜、大根、きゅうりの漬け物 他)
延べ床面積 1,178平方メートル(漬け物ライン・冷凍ライン 合計)
従業員数 30名(漬け物ライン・冷凍ライン 合計)
  • 皮むきなど、機械化できない部分は手間を惜しまない。

  • 下処理野菜は、5層式の自動洗浄機にて洗浄。

  • 調味料は厳選した、砂糖、塩、酢、みりん、醤油。

  • 大型冷蔵庫内で、じっくり漬け込む。

  • 一つひとつ丁寧に仕上げ、袋詰め。

  • しっかりと密封。

  • 出荷前に商品をサンプリングして、検査室へ。

  • 所定の項目に従って、検査室にて検査を実施。

冷凍ライン

短時間で鮮度そのまま丸ごとパック

漬け物の新工場には冷凍ラインと漬け物ラインが併設されています。冷凍ラインではまず、先進の異物除去スパイラル洗浄機を通過した材料がスライサーでカットされ、ブランチング。軽い湯通しを経て冷却、検品、脱水します。そして私たちが独自に開発したトンネルフリーザーで急速冷凍、自動計量機へと運ばれます。ラインに乗ってからここまでわずかに30分、ほうれん草や小松菜、ブロッコリーなどが新鮮さを失わないままパッケージされていきます。

加工品目 冷凍ほうれん草、冷凍小松菜 他
延べ床面積 1,178平方メートル(漬け物ライン・冷凍ライン 合計)
従業員数 30名(漬け物ライン・冷凍ライン 合計)
  • 加工前の野菜は、11℃の地下水で洗浄。

  • 洗浄後の野菜は、目視検査を行い異物を除去。

  • 扱いやすい大きさにカットした後、再び洗浄。

  • 急速冷凍機の中の様子もモニタでチェック。

  • 冷凍後のほうれん草。洗浄からここまで30分程度。

  • 所定の項目に従って、検査室にて検査を実施。

添加物不使用について漬け物・冷凍野菜加工場紹介
ページの先頭に戻る