こんにゃく加工場紹介

グリンリーフの加工場はISO22000,FSSC22000と有機JASの認証を取得しております。

こんにゃく加工場について

近代化されたラインにも手作り精神を踏襲

平成10年にはこんにゃく加工工場を新築し、空調や衛生管理の徹底と生産の効率化を図りました。広さは約200坪、生芋を洗い、蒸かし、潰して成形、あく抜きをしてカットし、そして袋詰まで一連の加工工程が効率よく流れるレイアウト。しかし工業化された手法はとらず、味と品質に関わる部分では創業以来の手作り精神を踏襲。効率化を目指しつつも無人化はせず、それぞれの工程に専任の担当者を配して、最終チェックと調整は人の目と手で行っています。

平成22年に増設したこんにゃく加工工場。

こんにゃく本来の風味を残し昔ながらの商品も

この工場は日産5t、2万パックの生産能力を有しています。しかし効率的な加工法は当初から念頭になく、こんにゃく本来の風味を大事にすることが製法上でのこだわり。板こんにゃくなら型枠に入れて一晩じっくりと固め、さらに時間をかけてお湯で晒し灰汁を抜いています。2日間かけて作る「バタねり」芋こんにゃくという商品は、昔ながらに手作業で練り上げる古式バタ練り製法によるもの。空気をとり込んでふわっとした食感になり、歯切れ味染みの良さが特長です。

工場内の様子

加工品目 こんにゃく製品(板こんにゃく、白滝、刺身こんにゃく 他)
生産能力 5000kg(日量)
延べ床面積 600平方メートル
従業員数 20名
  • 粉砕した生芋。

  • 粉砕後の生芋を、ペースト状にして攪拌する。

  • 整形後のこんにゃくは冷水で冷やし、一晩かけてあくを抜く。

  • 効率的な生産を目指しながらも、人の感覚を第一に。

  • 各工程をベテランスタッフが責任を持って担当。

  • 密封前の糸こんにゃく。

こんにゃく加工についてこんにゃく加工場紹介
ページの先頭に戻る